自然が作る革

JOURNEYでは、植物から採れるタンニン(渋)を使い、時間をかけて作られた革を使用しています。

昔ながらの製法であるタンニンなめし革は、あまりに手間がかかるため、現在では希少な革です。
染料仕上げで、ロットにより多少の色味の違い、牛の小さなキズなどがあることもあります。
ですが、革本来の自然な風合いを残しているために、
新品のときより、使うほどに魅力を増していき、使うことが楽しくなる革を使っています。

革の経年変化