革のハギレ

ハチドリシリーズ

大きなバッグなどを作ると、どうしてもハギレがでてしまいます。
普通の制作現場では捨てられてしまうハギレたち。
ハギレとはいっても、同じ生命のあった革。

捨てるのはもったいない。

そこで、JOURNEYでは革のハギレを使った小物を作っています。
コースターやイヤホンなどコードホルダー、キーホルダーなどの製品に生まれ変わります。

天然革は、場所によって伸びやすかったりと製品になる場所を選ぶため、ハギレのでる面倒な素材ともいえます。
それでもこのタンニンなめし染料染めの革の経年変化の風合いを見てしまうと、これしか使えません。
どうしても捨ててしまう部分はありますが、できる限り、革のゴミをゼロにしたいと思っています。